So-net無料ブログ作成
検索選択

おもわずラーメンのスープを・・・。 [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

4月に入り、もう日は中旬にまで進み、はや糖尿人になって4ヶ月が経とうとしています。

糖質制限を我流ながらやりこなして、何とかHbA1c を10.2%→6%台まで落とすことができているのですが、ここにきて妙な脱力感と、ムショーに濃いものが食べたい気分になる事があり、何とか欲求を満たすため、糖質が低い牛肉などでごまかしています。

そうは言っても食事をしているのは私だけではないので、家族サービス含めて外食する場合、妻・息子・娘の食べているものを見ていると、最近「あぁ・・・、食べたい。そのポテト、その唐揚げ、そのラーメンの汁・・・」と心で思っている事がいつのまにか口に出ています。

つい4日前の日曜日に息子が天下一品というラーメンを食べたいというので連れて行きましたが、私は単品で餃子のみを頼み、息子たちはコッテリラーメン。

昨年、糖尿人になるまでは1か月に2回程度食べていた老舗のラーメンです。

「あぁ・・、今すぐ手に届くところにコッテリラーメンがあるぅぅぅ[げっそり]

と、情けない言葉が頭の中を横切りました。

そして学校での友達などの話をしながら、最後の1個の餃子を食べているときに急に息子から・・・、「あれ?これ味が昔と違う・・・。すごいマイルド。これ、どう思う?」

「ん?どれ・・・。」

「あっ!」

コッテリスープを飲んでしまいました。

うまっ!! いや、やってしまった・・・。」

少量ではありましたが、「おいしいものに口をしけてしまった。」というマズった顔をしていると、息子がニヤニヤしながら、

「パパ、食べれるじゃん。」

息子の誘導で一杯食わされたと、親ながら情けない気持ちになりました。

「いらんこと、するな! どあほう。」と一喝するも効果なし。

思わず緩んだ気が、『自分は信念を通せるほど、完璧な人間ではない』という事を認識した瞬間でした。

でも差ほど悔やむほどでもなく、気の緩みもわずかで、結局その日はウォーキング90分間行って汗ビッショリになった事で「コッテリスープは汗で蒸発してやった。」という気分でした。

正直、おいしかったです。

麺を食べるとこまではいかなかったんですが・・・。

思い出したんですが、以前はラーメンを食べた後、決まってアイスクリームを食べていた事を思い出しました。

今考えると、信じられないくらい不摂生な食生活をしていたもんだと改めて思いました。

こういう気の緩みがあっても、そこで諦めてしまわず、気持ちの切替が大切です。

このムショーに食べたくなる要求に耐えれば、もう少しで血糖値とHbA1cが基準内に入る事ができると思います。

最初に医師から言われてた言葉で、「結構、くるしい思いをしながら治療していかないと、手足が腐って切断になりますよ。」

という言葉を思い出し、完治に向けてリスタートです。


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。