So-net無料ブログ作成
検索選択
糖尿病改善行動 ブログトップ
前の10件 | -

多少の暴飲暴食でも、糖尿改善が維持できている?! [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

昨日の月糖尿状況検査で、少し解った事があります。

1つはっきり改善できた要因は、食事と運動による改善。

特別な事ではありません。

①1番最初に、キャベツなどの野菜を茶碗1杯分位食す。

②2番目は、魚(私の場合は焼き魚)を食す。

③お米や麺類、うどん、パンなどの淡水化物や糖質を含むものをしばらくの間、食さない。

お菓子は食べない・・・というのは難しいと思うので、低GI食品(例:『SOYJOY』というコンビニなどで売られている菓子)

⑤ ①~④の食べ物であっても食べ過ぎはアウト。少な目の量で食し、「蕃爽麗茶」を250ml飲んで満腹感を得る。

⑥有酸素運動(ウォーキング)を最低でも週3日以上、1日30分間は行う。

特に①、②、⑥を2か月間こなしていくと、間違いなく効果が出るはずです。

現にわたしがこれを順守して、10.2%あったヘモグロビンA1cが、2か月で8%以下に落としました。

今は6.8%で、あともう少しで基準値です。

この病気のせいで、長生きできなくなることを考えると、2か月間はかなり短いです。

こだわるくらいの気持ちで意識していけば、必ず改善されます。

あと、あまり調子にのってはいけない事なんですが、いくら食事制限とはいえ、働いていると仕事の付き合いもあったりするので完全に順守する事が不可能に近いです。

ただ、そのような会合意外はキチンと①~⑥を守っていけば、悪化したと思っても、意外に1度下がったヘモグロビンA1cは、簡単に上昇したりはしないようです。

ただし、血糖値は悪化しますのが、食べたら[次項有]運動すれば自然に改善されていきます。

すい臓内のベーター細胞が死んでいなくて、休眠中の可能性という事があります。

私がそうでしたから・・・。

病院の先生に「HdA1cが10.2%で、血糖値が350。これはもうめちゃくちゃですわ。たぶん1型じゃろうね。」と言われ、

ベーター細胞は完全消滅しているだろうと思われて、インスリン注射もほぼ100%と言われていた私でしたが・・・

①~⑥を順守したおかげで、6か月で10.2%[次項有]6.8%まで落とせました。

血糖値も350[次項有]現在は125です。

低糖症に気を付けて少しずつ行えば可能です。

やるか、やらないか・・・・・やるべきでしょう[ひらめき]

せっかくの糖尿改善リズムが、会社の業務量に圧されて・・・でも、あきらめない! [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

久しぶりの更新で・・・今まで会社の業務が溢れすぎて私生活までなだれ込んできて、生活リズムがグチャグチャ状態でした。

生活リズムが昼と夜が逆になってしまうことも[涙][あせあせ(飛び散る汗)]

この数日でようやく落ち着いたかなぁ?という状況です。

当然、落ち着くまでの間、ウォーキングも食事時間管理も睡眠時間管理も全くと言っていいほどできませんでした。

また再出発です。

通常ですと、ここで『もうダメ、めんどくさい。』となって続ける事をやめてしまいがちですが、せっかく出ていた効果をやめた後の恐ろしいくらいのリバウンドを経験をもって知っているので、やめる考えはまずありません。

おそらくここでやめてしまうと、インスリン注射が必要になるほど症状が悪化して、最終的には1型糖尿へと移行してしまうでしょう・・・。

糖尿病に限らず、肝臓に脂肪もついて脂肪肝になり、肥満状態が加速すると最終的には肝硬変になったりと『リバウンド』になるだけで命に関わるリスクも負う事になりかねません。

この病気は短期間で改善したいところですが、改善した!治った!もう基準値内に入って落ち着いた!という安堵感に浸ると、直ぐに元の病状に引き戻されます。

じっくり、ゆっくりと改善していき、基準値内に入っても、長期間その状態を維持し続けるようになるまでは安心できません。

ここ半年近く改善したい思いがあまりにも強く気持ちに出ていましたが、今回のように生活リズムを崩してしまう日常がある事で少し考え方を緩やかにしようと考えました。

何故なら結果を早く出しすぎて一瞬の安堵感が反動を招く性格である事を自分で分かっているからです。

それは今まで勉強や会社の仕事でイヤというほど失敗という経験をしているからです。

やり方を失敗したら考え直してやり直せば良い。

途中でつまずいても再度チャレンジしていけば良い。

会社の為でもなく、他人の為でもない、自分の身体だから。

やり方も目指す思いも間違った方向に進んでいなければ自らが納得する方法で行って行けば良い。

完治させてやる!という思いは絶対捨てない。

じっくり定着させて改善状態を身体に染み込ませていかないと、どうもこの糖尿病は治らないみたいですので・・・。

このブログを書いている最中も、いろんな方の糖尿病に対する奮闘記やブログ、改善日記を読ませて頂いています 。

苦しい思いで頑張っている方、改善していく為にも情報のやり取りを中心に「それをやってみた」とか、何度も改善と失敗を繰り返してようやく基準値内に入った方だとか、読んでいると「ワシも負けてられない[exclamation]」という思いにさせてくれます。

まだやりたい事、見てみたい事、年取ってもまだなってみたい事、たくさん未練があるので、こんな病気で足止めされたくないので・・・。

不治の病と言われる『糖尿病』は完治できる可能性があるという事を証明させてやりたいのです。

そんな思いで、せっかく寸前まで基準値に近づいていたんですが、血糖値も130くらいに戻ってしまい、おそらくヘモグロビンa1cも数%上昇しているはずです。

また改善療養再出発です。[手(グー)]

これから暖かい気候から暑くなってくる季節なので、汗かいて身体の内なる毒を外へ出すには好都合[わーい(嬉しい顔)]

楽しみながらやっていこうと思います。

おもわずラーメンのスープを・・・。 [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

4月に入り、もう日は中旬にまで進み、はや糖尿人になって4ヶ月が経とうとしています。

糖質制限を我流ながらやりこなして、何とかHbA1c を10.2%→6%台まで落とすことができているのですが、ここにきて妙な脱力感と、ムショーに濃いものが食べたい気分になる事があり、何とか欲求を満たすため、糖質が低い牛肉などでごまかしています。

そうは言っても食事をしているのは私だけではないので、家族サービス含めて外食する場合、妻・息子・娘の食べているものを見ていると、最近「あぁ・・・、食べたい。そのポテト、その唐揚げ、そのラーメンの汁・・・」と心で思っている事がいつのまにか口に出ています。

つい4日前の日曜日に息子が天下一品というラーメンを食べたいというので連れて行きましたが、私は単品で餃子のみを頼み、息子たちはコッテリラーメン。

昨年、糖尿人になるまでは1か月に2回程度食べていた老舗のラーメンです。

「あぁ・・、今すぐ手に届くところにコッテリラーメンがあるぅぅぅ[げっそり]

と、情けない言葉が頭の中を横切りました。

そして学校での友達などの話をしながら、最後の1個の餃子を食べているときに急に息子から・・・、「あれ?これ味が昔と違う・・・。すごいマイルド。これ、どう思う?」

「ん?どれ・・・。」

「あっ!」

コッテリスープを飲んでしまいました。

うまっ!! いや、やってしまった・・・。」

少量ではありましたが、「おいしいものに口をしけてしまった。」というマズった顔をしていると、息子がニヤニヤしながら、

「パパ、食べれるじゃん。」

息子の誘導で一杯食わされたと、親ながら情けない気持ちになりました。

「いらんこと、するな! どあほう。」と一喝するも効果なし。

思わず緩んだ気が、『自分は信念を通せるほど、完璧な人間ではない』という事を認識した瞬間でした。

でも差ほど悔やむほどでもなく、気の緩みもわずかで、結局その日はウォーキング90分間行って汗ビッショリになった事で「コッテリスープは汗で蒸発してやった。」という気分でした。

正直、おいしかったです。

麺を食べるとこまではいかなかったんですが・・・。

思い出したんですが、以前はラーメンを食べた後、決まってアイスクリームを食べていた事を思い出しました。

今考えると、信じられないくらい不摂生な食生活をしていたもんだと改めて思いました。

こういう気の緩みがあっても、そこで諦めてしまわず、気持ちの切替が大切です。

このムショーに食べたくなる要求に耐えれば、もう少しで血糖値とHbA1cが基準内に入る事ができると思います。

最初に医師から言われてた言葉で、「結構、くるしい思いをしながら治療していかないと、手足が腐って切断になりますよ。」

という言葉を思い出し、完治に向けてリスタートです。


糖尿病改善に伴い、自らの身体をよく知る為にも、血糖値計測器を購入 [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目を止めて頂きまして、ありがとうございます。

糖尿人となって、早3ヶ月、とうとう血糖値計測器たる高価な買い物をしてしまいました。

CIMG6293.JPG

何で急に購入したのか・・・。

お恥ずかしく情けない話ですが、2~3週間前、仕事の激務と息子のインフルエンザ看病で生活リズムが狂ってしまい、体重が増加したり寝不足になったりして、せっかく病院の検査で効果があった血糖値が上昇しているのではないかという疑念があったからです。

それに、本当のところ生活習慣の中で血糖値がどう変化しているのかも確かめたかったからでした。

さすがに月1回の検査で確認というのは、日頃からの食事療法や運動療法を行ってて本当に正しい方向に向かっているのかが分かりません。

やっぱりきちんと管理しないと、「意地でも完治してやる」という言葉と合致しないとも思いました。

ここから実態を知る事になります。

CIMG6294.JPG

以下は計測器購入後の23日真夜中から計測してみたデーターです。

CIMG6299.JPG

       採決時間    血糖値
就寝前・・・1:05 3月23日 136
朝空腹・・・6:30 3月23日 125 睡眠4時間
食後0.5h・13:05 3月23日 214 ・わかめそば ・野菜 ・焼魚(さわら) 600kcal
食2H・・・15:07 3月23日 166
朝空腹・・・6:33 3月24日 114 睡眠6時間
食後0.5h・13:19 3月24日 260 ・わかめそば ・野菜 ・白身魚(ムニエル) 600kcal
食2H・・・15:19 3月24日 165
朝空腹・・・6:33 3月25日 163 睡眠3時間(昨夜飲み会)
食後0.5h・13:00 3月25日 188 ・わかめそば ・野菜 ・焼魚(さば) 560kcal
食2H・・・15:08 3月24日 194 14:30コーヒー飲(1杯)微糖?
早朝・・・・5:56 3月26日 140 寝起きすぐ
朝空腹・・・6:30 3月26日 130 睡眠4時間
朝空腹・・・6:30 3月27日 129 睡眠4.5時間
昼空腹・・・13:48 3月27日 98

測り方に一貫性が無い為、不規則ですが、社食後30分はかなり血糖値が高い(200以上)ところをみると、わかめそばが良くないと思われる為、昼食メニューを変更しないといけないみたいです。

そば(生)のGI値は「59」でしたが、中華麺(生)の「61」と差ほど変わりがないのと、そばの量が多いのがいけないようです。

GI値が低くても、量を多く摂取すると、結局は意味がない事がこれで分かりました。

また、寝不足になるとインスリンの出が非常に悪い事が判明しました。

3月24日の夜は歓送迎会があった為、つきあい上、酒ダメ、食事ダメとは言えず、普通に飲食してしまった事と、その夜は帰宅が遅かった為、睡眠3時間で寝不足になり、25日の朝空腹時でも「163」でした。

25日の日は、昼食30分後「188」と何故か200を越えなかったものの、2時間後の計測値が「194」と逆に上昇。

26日と今朝27日の朝まで寝不足状態の尾を引いていた為、空腹時でも「130~140」と高めでした。

睡眠や食事だけでなく、睡眠のリズムが崩れると、こんなにも血糖値に悪い影響が出るという事も身をもってよく分かりました。

今日昼食前の「98」という数値は見た目良いですが、血糖値コントロールが出来ていない為、低血糖傾向に陥っているのかもしれません。

血糖値が「100」以下に落ちたのは初めてで、すぐその後に、ホウレンソウのゴマあえとアジ南蛮漬けを食べて何とか回復している感じです。

今回の状況を見る限り、まだまだ修行が足らないといったところだと思います。

これにめげず、いまからウォーキング1本行ってこようと思います。

ではでは・・・。

誘惑に負けない精神的な部分を鍛える(糖尿病治療中の自覚を再認識する) [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目を止めていただき、ありがとうございます。

「他人の事よりも、まずは自分」という言葉がありますが、最近、

『ん?この人糖尿病では?』と思う人、

『え?この人が糖尿病?』と思う人、

人間観察をしながら判別する場面が多くなったなぁと感じています。

子供達もいるので、家族サービスというほどでもないのですが、外食を月に1~2回くらいしています。

その行先は大半ショッピングモールの食べ放題系のお店。

そこでは、わたしは野菜類(ドレッシング無し)と淡水化物の少ないもの(魚類)しか食べません。

値段的にもったいないことですが・・・。

そこでよく目にすることは、他人が採取する食材とその量、そしてその人の顔と体型

『自分が糖尿人になったからといって他人を判別するなんてなんて奴だ』と思われるかもしれませんが・・・。

やっぱりこころの底には、

「なんでわたしが糖尿になって、あんなにも食べる人が糖尿じゃないのか・・・」という思いがどうしてもあるんですね・・・。

かなり痩せているのに極端な量を食べる人、顔のほほやこめかみ部分が黒いアザのような紋がある人、太るを更に超えた巨漢な人、さまざまです。

もしその方々が全員糖尿病であれば、そこの店にはものすごい人数の糖尿患者がいるという事になります。

しかしそれはあくまでも空想で、本当のところは太っていても糖尿病ではないという人が多いのではないかと思いもあります。

本当は家族で楽しみに来たのに、こういうところでこんな他人の判別ばかりしていると最終的に、

『あ、そういえば自分は糖尿病なんだ。』

と自覚を再認識してしまいます。

そして、フリーフード、フリードリンクという、少しでも気を抜けばガツ食いしそうな環境下で、

『誘惑に絶対負けない・・・』

という確信が得れます。

最近、「楽して」とか、「簡単に」というフレーズで糖尿が治療できるというメディアを見かけしますが、結局のところはこの病気は生活環境をきちんと管理する自覚が『あるか』か『ない』かに
左右されるものです。

『ない』人は、この様な食べ放題系の店に行けば、

「今日は自分にご褒美の日~♪」とか、

「今日で最後の最後。明日から頑張る。」

という様に陥落してしまいます。

長期間信念を持って改善活動する事はとても大変な事です。

たまには家ばかりではなく、自分を少し追い込んで、この様な誘惑に負けそうな厳しい環境下に身を投じてみて『耐える』心を鍛える事も大切なのではと思います。

『絶対改善させてやる』か『今スグ楽になって食べる』かの精神的な戦いです。

手足が壊疽して切り落とされる現実を想像すれば、この様な我慢は容易い事です。

長生きする権利は誰にでもあるのですから・・・。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病 再改善(短期オリジナルブート) [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目を止めていただき、ありがとうございます。

前回、不規則な生活になったおかげで+2kg体重が増量した報告をいたしました。

血糖値も、HbA1Cも上昇してしまったと仮定して再改善行動で、この数日間でやっとー2kg減量する事に成功しました。

通常の食事療法メニューの項目を少し変化させ、運動療法を勤務時間の中に割り込ませた結果早い効果が表れました。

<通常>            <改善> -朝食-            -朝食-
・ライ麦パン1枚        ・ライ麦パン1/2枚
・キャベツ千切り(茶碗1杯分) ・キャベツ千切り(茶碗1.5杯分)
・焼魚(サバ3枚おろした半身) ・焼魚(サバ3枚おろした半身の更に半分)
お茶黒豆茶)        ・お茶(蕃爽麗茶)

・食後は運動せず        ・朝食後、腹筋50回、腕立て50回、スクワット50回

-昼食- -昼食-
野菜盛(1皿分)       ・野菜盛(1皿分)
・魚類             ・魚類
・ワカメそば          ・豆腐(1丁)

・食後は運動せず        ・昼食後、30分間社外をウォーキング

-夕食-            -夕食-
・キャベツ千切り(茶碗1杯分)  ・キャベツ千切り(茶碗1.5杯分)
・魚類             ・魚類(減量)
・味噌汁            ・モズク酢
・蕃爽麗茶           ・蕃爽麗茶

・食後、ウォーキング、     ・食後、ウォーキング、ウェイトトレーニング
  ウェイトトレーニング     ボートマンスクワット

この内容を4日間実行する事で減量に成功。

太る時は、あっと言う間の出来事でしたが、痩せるのにこんなにも集中力と時間が必要かと思うと、普段から毎日地道に生活習慣改善行動を行う事が大切なんだなぁと感じました。

ただし、ちょっと危険なやり方だったかもしれません。

途中何回か、低血糖ぽい症状に見舞われたからです。

昼前や夕食前に、妙な脱力感のような感覚がありました。

座り込むほどではなかったのですが、マネはしない方が良いかもしれませんね。

やっぱり、ふだんから少しずつ身体の負担をかけ過ぎない程度の有酸素運動や、食事療法と、何よりも+2kgの原因になった不規則な食事と寝不足にならないよう、しっかりと睡眠することが大切です。

療養を、薬に頼らず、長く続けていく為にも生活に溶け込ませる事が重要です。

では、また・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病改善に自転車ツーリング [糖尿病改善行動]

こんばんは。

トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目を止めていただき、ありがとうございます。

本日は、天気も良くて気温も少し高めだったので、息子と2人でサイクリングツーリングに出かけました。

走行距離にして約30km、時間にして約5時間(途中夕食有)でしたが、長いUP、DOWNコースが多い為、結構汗だくになりました。

日頃、車の使用が多い為、外の景色が車目線なので小さな発見など見逃しているものですが、今日は自転車だったので抜け道や、野菜の露店売りなど気が付かなかった箇所がいくつもありました。

夕食もかねて行ったので、帰宅が夜20:00ごろになりましたが、息子も初めての長距離ツーリングに満足の様で、普段車でしか行けないようなところまで自分のMY自転車で行けた事が嬉しかったようです。

少し長めのお風呂に入り、今日は楽しかったといいながら先ほど爆睡しました。

息子にも喜んでもらい、かつ、運動もしっかりできたので私自身も満足です。

帰宅後、体重計に乗ると、なんと72.8kgで初72kg内に・・・。

しばらく最近まで73~74あたりを行ったり来たりで、運動療法に内容を少し変えなければいけないのかなぁ・・・と考えている矢先でしたが。

たまたま思い付きで自転車ツーリングしたのが功を奏したのかもしれません。

自転車は結構全身を動かす有酸素運動とされている為、糖尿病改善する為にはもってこいの運動とされているようです。

体重も減り、ストレスも発散できて良い1日を過ごせました。

最近まで、この様な今日は満足したという休日を過ごせなかった為、毎日がこうであってもらいたいと思うところで明日はストレス復活の仕事日・・・月曜日です。

平日は時間の制約からして運動も2時間程度が限界なので、ウォーキングのみ、またはウェイトトレーニングですが、土日の運動はこの自転車ツーリングを取り入れてみようかと思っています。

雨の時は出来ないですけどね。

以前、ウォーキングで知らない道を通った代償として、犬に吠えられ靴を持っていかれた事がありましたが、なんと今日も(場所は別ですが)解体処理場の番犬に追いかけられました・・・。

私たちは、その解体処理場の前を通っていっただけなんですが、なんと放し飼いにしていたので、歩道の道まで出てきて追いかけてきました。

幸い下りの坂道だったので、シャコシャコこいで逃げれましたが・・・最近、犬に関して運がないようです。

今度の休みは別の道で行こうと思います。

では、また・・・。


糖尿病と運動に関する要注意事項 [糖尿病改善行動]

こんにちは。

トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目を止めていただき、ありがとうございます。

今日は、息子と一緒にウォーキング空手の組手練習で2時間くらい運動をしました。

ウォーキングというより今日は身体も軽くて調子が良すぎたので、軽くランニング状態で行いましたが、10分程度で軽くスタミナ切れになりました。

少し低血糖を心配しましたが、昼食後だったので、特に問題はありませんでした。

糖尿病を宣告され、まだ運動療法で改善できる可能性を指摘された場合、激しい運動で一気に減量しようとする方がおられるようですが、これはかなり危険な行為みたいです。

わたしの場合は宣告されてから約2か月が経過しますが、その間少しずつウォーキングの距離を伸ばしていき、競歩のスピードも少しずつ上げていった結果の上で、今日軽いランニングをしました。

一応全ての運動の前に、食事をしているので血糖値が上昇した状態で行っています。

その上、現在もインスリンや錠剤薬といった薬を処方されていない状況です。

要は、薬を使用した後にインスリンが高い状態、もしくは糖制限療法で食事の量を減らした状態で、その後に激しい運動をすると、低血糖となり、ひどい場合は昏睡状態にまで陥ってしまい、最悪の場合は命をおとしてしまう危険な状態になるのです。

この2か月間に1度だけ、おかしな状況に陥った事がありました。

その日の晩に、キャベツの千切りとブロッコリーのみで夕食を終わらせ、ウォーキングに出かけた時です。

歩き始めて20分くらい経った時に、急にめまいのような現象になったのです。

その時は、「気合いが入ってないなぁ」と自らを奮い立たせる様に自問自答し、続けて10分後、視野がボヤケテ目がまわるような症状に陥り、まっすぐ歩けなくなりました。

ヤバいと思ってとっさに、道端の植え込み花壇に座りこんでポカリスエットを飲みましたが、その後約20分以上は立ち上がる事ができませんでした。

その時はもしもの為にメロンパンを持って行っていたので、それも食べてからようやく立ち上がって早急に帰った事を覚えております。

この時身に染みて感じた事は、低血糖に陥った時、加糖質の物を摂取してもすぐには回復しないという事です。

幸いにしてこの時は、ぎりぎりのところで糖分を摂取したので回復できたのかもしれません。

一歩遅れて糖質摂取する事をためらっていたら、急激に低下している血糖値の方が勝って、その場で意識不明になっていたのかも・・・と思うと恐ろしくなります。

あの時、たまたま夕食を少な目にしたので、妻から「途中お腹空くかもよ」と渡されたメロンパンが最悪の事態を救ったのかもしれません。

あれ以来、運動療法を行う時は、水+スポーツ飲料+アメ玉を持ってウォーキングに行くようにしています。

水意外、メッタに摂取しませんが・・・。

糖尿病改善の為の運動が、命にかかわるような事になってはいけません。

個人差というのは必ずあるので、無理せず少しずつ時間をかけて、計画通りに改善行動を行う事が、早く結果を出す事になると思います。

勢い余って、最初から飛ばし気味で行動では、長続きしませんよね。

上記の例をご参考にして、安全な改善行動を行っていきましょう。

それでは、また・・・・・。

糖尿病とお酢・・・・・案外改善有効なもの?!かも・・・。 [糖尿病改善行動]

こんばんは。

トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目をとめていただき、ありがとうございます。

今日の夕食は、いつも通り、キャベツの千切りとブロッコリー、冷ややっこ(冬なのに・・・)、刺身こんにゃく、そしてモズク酢。

あれ?いつもの魚は?と思いますが、今朝、サバの塩焼きを食べた時、のどの奥で太くて長い骨が刺さってしまい、これが奥過ぎて取り出せなく、ツバを飲み込むだけでかなり痛かったので、仕方なく耳鼻咽喉科で骨を取ってもらいました。

その後は、ちょっと魚は今日いいや・・・と思ったので無しでした。

ところで、このモズク酢の「酢」。

「酢」は血糖値上昇を抑制する効果があるとのこと。

しかもある変わった研究では、2型糖尿病の人が前晩寝る前に、リンゴ酢とチーズを摂取すると、翌朝の空腹血糖値が下がるというような報告があるみたいです。

また、酢を飲むことでインスリン抵抗性を改善させ、血中のブドウ糖を筋肉細胞へ吸収率が増加するとの事です。

これは、本当かどうかわかりませんが、ある一部の糖尿病薬で血糖改善薬として使用されているアルファ・グルコシダーゼ阻害薬(a-G1)という薬があるみたいですが、この「酢」がこの薬品と同じような作用があるみたいです。

「酢」は人によって好き嫌いがあるようですが、確かめるべき価値は大いにあると思います。

ネット上でも、あまり良くない事書いている方が、ほとんどいないようなので信憑性も高いかもしれません。

わたしも、たまに夕食で出るモズク酢だけではなくて、糖質を確認した上でリンゴ酢を毎日飲もうかなと思います。

結果報告は、また後日という事で・・・。

では、また・・・。


睡眠不足は糖尿病に大敵です! [糖尿病改善行動]

おはようございます。
トンとろ太郎です。

本日も当ブログに目をとめていただきまして、ありがとうございます。

昨日は22時まで残業で、遅い夕食でしたが、アジの南蛮漬け3匹とキャベツの千切りのみでセーブしました。

そのまま風呂に入り、即就寝しましたがAM3:30に目が覚めてしまい、ヘンテコな睡眠不足状態です。

よって、AM5:00前からお腹が減ってきていて、体内時計が少し狂っているような感じです。

睡眠不足はまずい・・・。

睡眠と血糖値はおおいに関係があるらしく、睡眠不足だと血圧上昇と同時に、血糖値も上昇してしまうとの報告があるみたいです。

寝不足でインスリンの働きが弱くなり、高血糖状態になるようです。

健康な方でも、三日三晩連続で睡眠不足に陥ったら、糖尿予備軍を発症する手前くらいになることもとのこと・・・。

それにはおそらく、年齢や体力の差で違いはあると思いますが、わたくしも糖尿病宣告される寸前まで、夜更かしによる癖がついて寝不足状態が続いていました。

その結果、夜食食べる癖もついてしまい、1日4食、ひどいときは5食、しかも5食目は夜中のAM2:00ごろにカレーライスを食べていたりしていました。

今考えると、相当不摂生な生活をしていたんだなぁ・・・と思います。

成人で推奨睡眠時間は7~8時間程度。

①しっかり睡眠とることで高血糖を防ぐ。
②血糖値を抑制するインスリンの働きを少し休める。
③インスリンを出す膵臓内のβ細胞の働きも休めて、β細胞分裂を促進させる。
④β細胞増殖によりインスリン機能復活させていく

これだけの対策で、多少なりの効果はあるかとおもいます。

今日は、ウォーキングと息子の空手の組手練習、時間があれば筋トレも行う予定です。

気合いで頑張ります。

では、また・・・。


前の10件 | - 糖尿病改善行動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。